FC2ブログ
2011-05-23

食べるそばより、君のそば。

遥かに過ぎ去ってしまったことですが、ゴールデンウィークのある日。トゥディーは父と出かけました。
トゥディーは実家に帰る度に父とどこかに出かけます。遠出するわけでもなく、地元の地味なところをドライブするだけです。

今回は今立で越前和紙祭があるというので、『越前和紙の里』まで。
若者のよさこいやおばちゃん達の創作ダンス(?)を横目に見ながら、まずは和紙のセール会場に一直線。
業者さんがお手頃価格で出している和紙や、製造する過程で生まれた端紙なんかを買い込んでほくほく。
さらに近辺のお店を覗いて、古い葉書や便せんを見付けてうはうは。

さて、あとは適当にどっか行くかーと車を走らせていると、『漆器祭』ののぼりが。折角だし寄ってくかーと、うるしの里会館へ。
こちらも地元の業者さんから地方の業者さん、作家さんまでが幅広く漆器を出店してました。
ついつい弁当箱に目がいくトゥディー。
そんなトゥディーがひとつの弁当箱にクギヅケになった。
小判型で二段重ねの木の弁当箱は、ほんのり赤い色で木目がうっすら透けている。大きさもちょうどよく、これはドンピシャで好み! しかもお値段手頃! 
ええ、即買いでございました。お店のおばちゃんとおっちゃんもええ感じだったし。
おばちゃんが包んでくれている間に、おっちゃんがおとんに話しかけてました。

「よかったら、うちで蕎麦をサービスで出してるんで食べてってください」

へぇ~、蕎麦も作ってるのかー。漆器に蕎麦ってこの辺の名物づくしやなー。
お昼もまだだったので、有難く頂くことに。
教えてもらった地図を片手に、細い道をうねうね走っていくこと10分。
工房の看板が出ていたので、この辺に店があるのだろうとうろうろするが、店らしきものはどこにも見当たらず。
首を傾げながら歩いていると、あるおうちから女性が出てきて、
「あ、上にあるんで上行ってください」

……上?

工房の間の細い道をてくてく歩いていくと。

IMG_1559_convert_20110523192744.jpg

こつ然と現れた、でっかい木のテーブルと、木のバケツを伏せた椅子。
しかも周りはほぼ山。うわぁむっちゃ雰囲気がいい!

しばらく待っていると、小さな女の子がお盆を持ってやってきて、お茶を入れてくれました。
更に待つこと少々。別の女の子が蕎麦と薬味を持ってきてくれました。

IMG_1568_convert_201105231928481.jpg

越前名物、おろし蕎麦。
「おじいちゃんが打ったんやで」
やってきた小さな男の子が教えてくれました。なるほど、そういうことか。

IMG_1566_convert_20110523192816.jpg

お茶を入れてくれたり、蕎麦を運んでくれたり、喋ってくれた子供達。
中でも一番小さな男の子が(写真を見てもわかる通り)かなりいい味を出していた。

「おつゆいれてあげるー」
父の蕎麦につゆを入れてくれた。お礼を云う父。
と、おもむろに。

IMG_1570_convert_20110523192937.jpg

男の子が蕎麦を食べ始めた!(笑)

ええええー!?

しかし可愛いので、父は食べさせてあげてました。お姉ちゃんがあわてて男の子の分の蕎麦を持ってきて、三人で一緒に食べました。

蕎麦は本当に美味しかったです。状況もかなり良し。子供達もそれぞれ面白かったし、いっぱい喋ってくれました。

IMG_1557_convert_20110523192654.jpg

覗き見た工房は凄く雰囲気が良く、木の良い匂いがしました。いいなぁ、素敵だなぁ。

買った弁当箱は大事に使おう。そして来年も来れたらいいなぁ。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

まっしゅ☆きょうと

Author:まっしゅ☆きょうと
元店長<サトゥー>
元裏店長<トゥディー>
末っ子<花ッコ>

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード