--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-29

楽しいノーミン一家

Image0011_20100929145421.jpg
実るほど頭を垂れる稲穂かな

9月の中頃、トゥディーは実家にいました。
この時期、地元は稲刈りで大忙しなのです。猫の手ほどにはなるかなと思い、ちょっとだけ手伝いに帰りました。

100911_1052251.jpg
ムーミンのようなシルエットですが、一応中身はトゥディーです。
日焼け予防と、ワラくずでカイカイにならないように、とんでもない扮装をしています。
このシルエットから大体のことを想像して下さい(笑) ザ・農家のおばちゃんファッションです。

さぁてガッツリ働くぞ! という気持ちだったのですが、意外に仕事がない…
というのも、数年前にコンバイン(稲刈り機)を新調したため、昔ほど作業がないのです。
昔は家族総出で夜まで働いたし、さらにその昔のじいちゃん達の時代には、夜中まで働いていたそうです。
便利な時代になったもんだ。
あまりに暇なので、草むしりをしたり、カエルを見つけてはおいかけたりしてました。(子供か)

退屈そうなトゥディーを見て、おとんが
「運転するか?」
と、コンバインから降りて来てくれました。
マジで!? いきなりテンション上がるトゥディー。
基本的に乗り物が好きなので、何かを運転できるのが楽しいのです。
単純な操作なのですぐに覚えられたのですが、コンバインが通るたびにカエルが跳ねたりするので、
ついそっちに気を取られて稲の列からズレそうになりました。
カエルの子 そこのけそこのけ コンバインが通る。

(すみません、このときケータイを持ってなかったので写真がありません。ギアの調節部分にむっちゃかわいい絵が描いてあったのですが、それも撮れず…)

途中で雨が降ったりしたのですが、幸い通り雨で、綺麗な虹が見えました。
田園→虹の連想で、何となく宮沢賢治の『十力の金剛石』を思い出しました。
やっぱり秋は賢治です。

刈ったもみは乾燥機に入れて乾燥させ、もみをすって落として玄米の状態にして、袋詰めしてから出荷します。
今回トゥディーは出荷まで手伝いました。一袋の重さは30kg。結構な重量でした。

トゥディーが手伝ったのは、実はほんの少し。
実際には田植えから稲刈りまではかなりの作業量なのです。農業って本当に大変。
それを毎年やっていて、いつもお米を送ってくれている両親には本当に感謝です。
次に届くのは新米。それを楽しみにしつつ、京都に戻りました。

おまけ。
帰ったときにばあちゃんが作ってくれた郷土料理『葉寿司』。
Image0021_20100929145421.jpg
五目寿司を油朴の葉で包んで押したもの。これがむっちゃ美味い!
基本的にばあちゃんは料理が上手なのです。稲刈りのときのおにぎりもばあちゃん作。塩加減といい握り加減といい大きさといい、何もかもが絶妙で美味しいのです。
新米が届いたら、おにぎりを作ってどこかに出かけようかな。
スポンサーサイト
2010-09-24

サトゥーの大冒険~後編~

川沿いのジャリ道をがたがたとチャリンコで進んで、突き当たった道路を行くと、突然知っている場所に出ました。
信号機の横のプレートに『私市(きさいち)』の文字。

「 うおおーここ来た事ある!! 」

逆になぜかこんなとこ(失礼!)まで来たことがある自分が怖いくらいですが(笑)、確かに以前ふらっと、おでかけ組で遊びに来たことのある辺りです。
そして交野市私市は、昔からなぜかマッシュのコアなお客様を多く輩出してきた伝説の(?)土地でもありました。
阪急時代も含め、サトゥーのお客様でわりと私市にお住まいの方が多くいらっしゃったので、個人的にも気になっていた場所なのです。
201008181517000.jpg
周囲の景色が変わってきました。
山をバックにして、田んぼや畑と古い家屋が増えてきて、いい感じです!
こんなところを走るのが、やっぱり楽しいですね。幹線道路沿いを走っていても、ちっとも面白くないんです。

以前歩いた時の記憶を辿りながら、私市の隣、河内磐船(かわちいわふね)のあたりをうろうろしました。
201008181531001.jpg
古い木の壁の民家と土蔵が建ち並ぶある町内。
石垣にびっしりと這う蔦。

狭い路地には強い陽射しも届かない。
暑い夏の午後、蝉の声だけが響く静かな集落を、自転車でゆっくり走り抜ける。



そんないい景色に後ろ髪を引かれつつ、しかし先を急がねばならないサトゥーでした。
太陽は少しずつ西へと傾いています。

ずっと沿っていた山から離れ、第二京阪をくぐって、枚方市へと入りました。
ここからしばらくは、未知のゾーン。
そしてまた幹線道路を走らねばならないのです。
細い道を行ってもいいのですが、道に迷うとかなり時間をロスするので、わかりやすいルートを選びます。

途中のコンビニで、この日それぞれ3本目のポカリと水を買い、ガリガリくんを食べて体温を下げたりして。
このあたりは少しきつかったなあ。
地図を何度も確認しながら、ひたすら走りました。


国道1号線に出て、長い上り坂を登り切った所でした。

『八幡市』の看板。

キターーー!!
ついに大阪府を出て、京都府です!!



勢いづいて漕ぎ続けると、やがて木津川にかかる橋までやってきました。

あ~、やっとここまで来たかー。
少し余裕の出たサトゥーは、寄り道をすることに。

橋の横から、河川敷へと下ります。
201008181656001.jpg
人っ子ひとりいない、炎天下の川沿い。

以前、京阪の八幡駅からこのあたりをずうっと歩いたことがあったなあ。
今思えば、歩いて行く距離じゃない…若かったな(笑)

思ひ出をふり返りつつ向かったのは、木津川にかかる『流れ橋』
201008181708001.jpg
木で作られた橋は、豪雨で川が増水すると流されちゃうそうです。
確か今年か去年も流された、ってニュースでやってたような…

時代劇とかにも度々使われる風情のある橋なのですが、酷暑のせいか、前回来た時よりも川の水がぜんぜん無い!
201008181716000.jpg
水が流れているべきところに、自転車で走る自分の影が映っていました。


川を渡ったところは久御山町
そこからすぐ城陽市に入り、ちょっと北上すると宇治市になるという、目まぐるしい展開。

もう宇治まで来たら、余裕や!
ちょっと気が大きくなって、またちょっと寄り道。
201008181757002.jpg
宇治の小倉のあたりにある、『巨椋神社(おぐらじんじゃ)』

その名の通り、境内には巨大な椋(むく)の木がどっかんどっかん生えておりました。
201008181802000.jpg
夕暮れの中、巨木に囲まれた神社裏のすべり台がなつかしい感じでした。

夕陽をバックに黒々とする梢を見上げながら、今日一日を思い返したりして。
いやいやいやいやまだ終わってないよ!と気合を入れなおして。


さあっ
こっからラスト・スパーーートです!!



24号線を観月橋目指して走っていた時でした。
ついにこの瞬間がやって来ました!!
201008181821000.jpg
ウェルカーーーーーーーム、京都市!!


宇治川にかかる『観月橋』を渡ります。
201008181827001.jpg
観月橋のあたりには何度も自転車で来たことがあるので、こっから先はサトゥーの庭みたいなもんです!!

もう帰って来たも同然だぜ、うひゃひゃひゃひゃひゃ!!


ゴールが見えてきておかしなテンションに陥るサトゥー(笑)
いや、実際このあたりまで来たときは軽い興奮状態にありました。
ランナーズ・ハイみたいなもんですね。

まあ、すでに50kmくらい走っているので無理もありません。
あと残り12~3km!!


そしてすっかり陽も暮れた頃、サトゥーの視界に柔らかい光を放つものが。
201008181925000.jpg
京都タワーです。

こんな日に見る京都タワーは、格別です。
わざわざタワーの足元まで行って見上げました。

ただいまー、京都!!



そしてちょうど夜の8時でした。
左京区は吉田山にあるサトゥー家に、無事到着です!!


うお~~~~~着いた~

人間やればやれるぅ~~




体重計に乗ったら、1、5キロくらい痩せてました(笑)

結局この日通過したのは、八尾市→東大阪市→大東市→四条畷市→寝屋川市→交野市→枚方市→八幡市→久御山町→城陽市→宇治市→京都市という12市町。

かかった時間は、寄り道込みで7時間半。


いや~~
疲れたけど、楽しかったなあ

感想としては、意外と知ってる場所が多かったってことでしょうか(笑)
いかに今までマイナーな場所に出かけていたのか、ってことを実感しました。

そして、チャリンコ最高!
お金貯めて、もっと走るええチャリ欲しいなあ。



ジャッキーサイクルから始まったこの旅、サトゥーの記憶に深く刻まれる出来事となりました。

Yさまご家族に感謝、
そしてその出逢いのきっかけをつくってくれたマッシュにも、感謝。



最後に、長い旅日記にお付き合い頂いた皆さまにも感謝です。


<おわり>




2010-09-11

サトゥーの大冒険~前編~

台風をきっかけに、ぐっと秋らしい空気になってきましたね。
夏女のサトゥーも今年は、さすがにもうそろそろ夏いいわ~、と思ったほどです

でも!秋に入る前に、実はこの夏いちばんと言っていいほど思い出深いある一日について、今日は語らせてください。
( 今回ほんとうに文章長いです!お時間ある方、お付き合いくださいm(_)m )



お盆も過ぎた8月のある日。
サトゥーは電車を乗り継ぎ、大阪の八尾市へとやって来ておりました。

なぜ大阪の、しかもわざわざ八尾まで来たのかというと…
なんと、自転車を買うためなのでした

JR志紀( しき )駅からちょっと行くと、『ジャッキーサイクル』という黄色い自転車屋さんが見えてきました。

実はこの『ジャッキーサイクル』、数年前にマッシュ時代のお客様Yさまが始められたお店なのです。
可愛らしいおっとりした雰囲気のお洒落な奥さまと、一見コワモテ(?)だけど無口で優しい旦那さまと、J蔵くんとS助くんという元気な兄弟という、とっても印象的なご家族。

お話を聞いたときから、「次に自転車を買うときは、絶対にそこで買おう!!」と決めていたんです。


ちょっとドキドキしながらお店に入ると、突然訪れたサトゥーを、お仕事中の旦那様が温かく迎えてくれました!
しかも、ちょうど奥さまとお子さんたちも、お店に向かうところだそうです!やった!!


自転車を選んでいると、奥さまと二人の息子さんが自転車で到着!

相変わらずとっても柔らかくて可愛らしい奥さまと、感動の再会です!!
京都店が閉店する時に、わざわざ京都まで来て下さった時以来でしょうか。


二人のお子さまたちとは、3年ぶりくらいにお会いしました。
ふたりとも、随分と大きくなっておりました!!

もう憶えてないよねえ?
京都のマッシュのおねーさんだよ笑


店先で奥さまと色んなお話をしました。
京都店がまだ阪急にあった頃からのお客様なのですが、八尾という距離もあり、お子様もいらっしゃるので、実際お店に来て頂いた回数はたぶん5、6回くらいだと思うのです。

でも、なぜかとっても繋がりを感じるご家族で、サトゥーも不思議です。
マッシュのお店が無くなった今、こうして八尾まで自転車を買いに来ている自分…でも、そこにはすごく自然な流れがあって、温かく迎えてくださった笑顔があって。

あー。
またマッシュをきっかけに、感じるしあわせ。
うれしいな。
201008181231000.jpg

奥さまとお話ししている間に、旦那様が自転車を調整して下さっていたのですが、なんと!タイヤをええやつに改造してくださっていました!!
「 京都まで帰るんやったら、ちょっとパワーアップさせといた方がいいと思って… 」

なんかかえってすみません…ありがとうございます!!

えっと、うすうす勘付いていらっしゃった方もいると思うのですが、サトゥーはここから京都まで、チャリで帰るつもりなのでした!!

炎天下の中、やめたほうがいいよ!と計画を話したほぼ全員に言われたのですが…もちろんYさまご夫婦にも心配されたのですが…実は、京都~大阪間をチャリで走破するのが、サトゥーの長年の夢だったのです


午後0時半、いよいよ京都に向けて出発です!!
振り返ると、ご家族4人がお店の前で、めちゃめちゃ素敵な笑顔で並んでサトゥーを見送ってくれていました!
この時撮った写メが、サトゥーのこの夏最高の一枚なのですが…載せられないのが残念です!!



さて、そんな笑顔に元気を頂いたサトゥーは、炎天下の中へとペダルを漕ぎ出しました。
走行予定距離は60km!!(笑)

この日も猛暑、天気予報によると気温は37℃!!
しかし、走る右手にはずっと生駒山が連なっていて、緑が気持ちいい。
青空にはもくもく積乱雲。

まさに、真夏!!

あ、もちろん買ったばかりのブルーのママチャリの前カゴには、ポカリと水を常備してます。
帽子を目深にかぶり、首には手拭い。
201008181256000.jpg
やがて、この日最初の“市境”がやって来ました。
東大阪市に突入です!

そして、見覚えのある場所に出ます。
201008181302000.jpg
近鉄奈良線、瓢箪山(ひょうたんやま)駅前の、アーケードのある商店街。
商店街マニア(?)のサトゥーとしても、結構好きなタイプの商店街です。


知ってる場所に出ると強気になってきます。
ここから先は、実は結構知ってる場所が多いのです。

石切神社のある新石切の駅前を通り、大東市へと突入。
しばらく走ると、友人が住んでいるので馴染みのある野崎観音のあたりに出ました。
201008181338000.jpg
せっかくなので、旅の安全祈願も兼ねて、お参りがてらひと休み。
以前、ここのお腹ぱっくりのラーフラの仏像をブログに載せたこともありました。

201008181337000.jpg
手水舎の水をちょっと拝借して、足にかけさせて頂きました
冷たくて気持ちい~!
ついでに手拭いも水で濡らして首に。


さて、リフレッシュして再び走り出します。
しかし、お隣の四条畷( しじょうなわて )市周辺も結構好きな場所で、四条畷神社への参道にあるレトロな喫茶店に寄りたくなってしまい、またまたひと休み
201008181401000.jpg
喫茶『若竹』

名前も渋い!(笑)

おばあちゃんが一人でやってはる感じの喫茶店です。
以前、一回だけ来たことがあったのですが、なんか好きで。

無計画なひとり旅というのは、こんなんがいいですな。
寄り道し放題。


しかし、時計を見るとこの時点ですでに午後2時をまわっている!!
やばい!まだ12、3kmくらいしか来てないよ!!



急ぎ足で、再び走り出します。
サトゥーのおすすめ、四条畷の駅前商店街を走り抜け、コンビニでお昼ご飯代わりのパンとポカリや水を補給して、ここからしばらくは少しストイックに走りました。

そして寝屋川市へと突入!

うーーーん。
このあたりはあんまり来た事無いなあ。

幹線道路脇で、埃と排気ガスにまみれながら、汗だくで今朝買ったばかりの道路地図とにらめっこ。
現在地を把握するのに必死です。


しばらくすると、交野(かたの)市へ入りました。

おお。交野は来たことあるある!
俄然元気になってきます。

また山が近くなってきて、田んぼなんかも増えてきて…
201008181513000.jpg
ふと、草ぼうぼうの川沿いの道が気なったサトゥー。

ちょっと脇道、逸れてみようかなあ…

未知の場所で、変な川沿いの小道へと入っていくワクワク感…たまりません(笑)
さあ、どこへ出るのか?!


えー、今回ほんとに長いですが、、、
すみません、サトゥーの大冒険、もうちょっと続きます


<つづく>

2010-09-07

ありったけの。

昨日、いつもの帰り道。

御幸町姉小路のパークカフェが、人で溢れていた。

「ああ、誰かライブで来てるんだな」と思ってふと店の前の看板を見ると、
“佐藤タイジ”の文字。

おお。まじか。
ガラス張りの店の中では、アコギかかえた相変わらずのアフロヘアーが座っていた。

通り過ぎた一瞬。
もちろん声は聴こえなかったが、お世辞にも上手いとは言えない歌を歌っているんだろう。


その上の太陽は

ありったけの

愛だけでできてると思いませんか


ありったけの愛だけで

あの太陽は

ありったけの愛だけで



―『ありったけの愛』 THEATRE BROOK

もう15年くらいは前だろうか。
浅黒い肌とアフロ、分厚い唇が結構好きだったなあと想い出しながら、鼻歌でシアターブルックのメドレーしながら帰る夜。



もう秋だなあ。
ipodの中身を、秋の曲に変えよう。


byサトゥー
プロフィール

まっしゅ☆きょうと

Author:まっしゅ☆きょうと
元店長<サトゥー>
元裏店長<トゥディー>
末っ子<花ッコ>

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。